シナリオ 幸せになる部屋

ー広告
 ~あなたを必ず『シアワセにします。敷金礼金ゼロ円理想の住居が目の前に!帰宅の際だけお気を付けを!』
 と書かれた荷物が届く
 箱にはそれぞれさらに張り紙がされており
 『中身を飲むこと以外を禁ずる
 これ、守られぬ場合は
 管理人より✕を与えられるだろう
 
 なお、行きのタクシーは用意したが帰りは事前準備してないのでご注意を』
 
 探索者はそれぞれ四角い箱を手にして部屋へと招かれる

 

四つの箱

それぞれの探索者に
 1赤の箱
 2青の箱
 3黄色の箱
 4紫の箱が配られる
 
 中には木箱同じ着色されたであろう試験管が入っている

添えられた紙には
『おめでとう、、、君たちは退屈な日常は僕が預かった、、、君たちにはとある『権利』をあげよう『シアワセ』の権利だ、、、終はシアワセであれば良きものだと思わないかい?夜に迎えに行くね

箱の中身は確認していいけど、安易に飲まないほうがいいよ?愚行は好きだけだStart前にさよならは嫌いだから 綺麗に色付けしてあるから安心してね』

 

四つの箱の中身

 

赤にはネズミ人間になる魔法薬

青には黄金のはちみつ種

黄色には蛇人間の血

紫には蛇人間の毒が入れられている

 

シナリオ概要

探索者はとある魔女が作ったシアワセを目的とした冥王星の部屋に監禁されます

黄金酒を飲まされビヤーキに運ばれここへ

ここは魔女が実験施設にしていた部屋でもあるため様々なものが置かれています

彼女の目的は人間の行動の観察です

どのような方法で脱出しようとするのかニヤニヤと外から観察しています

 

脱出方法

タクシーチケットに

冥王星から地球と書く

黄金酒を一口飲む

冥王星から地球までは48憶年と言われています

一光年よりは狭いので一口で地球まで変えるのに薬が持ちます

心臓を集める

位置は

ロッカーのねずみ男

ふろ場の死体の心臓→チェンソーでとる必要性

研究室の二つの心臓で足ります

 

これらを行いタクシーに乗ると帰れます

 

ヒント概要

寝室 赤い電話 ねずみ男

居間 紫のスープ ヘビ毒のスープ

玄関 黄色のヘビの置物 ヘビの血

厨房 青の表紙の天文学の本 黄金のはちみつ酒

 

バッドエンド

はちみつ酒以外の試験官を飲む

 

玄関の置物の問いかけにうなづいてしまう

 

はちみつ酒を飲まないで出て行ってしまう などなど

 

 

 


f:id:zopo1213:20170713192427j:image

 『寝室』

あなた達が目覚めるとそこは
 ふかふかのベッドの上だった
 見知らぬ、もしくはみたことのある
 顔ぶれが4人それぞれ
 部屋の端に、備えられた
 シングルベッドで寝ていた
 君たちの側には、送られてきた
 色彩された四つ木箱があり
 それぞれ、赤、青、黄色、紫に
 なっている
 
 その時、部屋の中央にある
 赤い電話が鳴り響く
 ちゃぶ台に置かれた
 それの近くには四つのチケットサイズの紙と
 一つのA4サイズの紙が置かれている
 
 見た渡すと部屋の外が暗いのか
 外からの光がないことがわかる
 
 電話を受け取ると
 『毎度!メイカイタクシーです♪ご利用ありがとうございます♪
 お代金の方は先に頂きましたので、
 またのご利用お待ちしてます♪
 領収書の方は居間の机の上に置いておきますね
 では、また!』
 と、一方的に話されて切られる
 
 A4は覗くと地図のようで、以下の
 ようなことが書かれていた
 
 チケットには
 メイカイタクシーチケットと
 と書かれており
 現在地と目的地の記入部分がある
 注意書きが、書かれており
 
 『必ず、二つの記入事項をお書きください』

 

 寝室の壁に2つのベット置かれた真ん中には部屋の装飾から浮いた

 古びた銀色のロッカーがある

 

 中を聞き耳するとガリガリと何かがロッカーに爪をたたている音がする 0/1d2

 

 中にはネズミ人間がいます

 

描写 それは灰色の毛皮、腐った歯を持ち、高い声でさえずる。

 ねずみの大きな体を持ちながら人の顔したそれを見て

 探索者は恐怖を覚えるだろう

 

 今で写真かふろ場の男の日誌を見ていたらサンチェック上がります

 カギは鍵開けか

 研究室の机の上のカギで空く

 開けると戦闘になり気絶させると正気に戻る

サンチェ0/1d6 写真か日誌を見ていると0/1d8

 彼の心臓をタクシー代にできる

 彼は正気に戻っても殺されたがる

 

 

『居間』

居間からは変な音はしない

ここには

クラシックな引出しのない机が置かれており

そこに一枚のレシート

紙の張られたスープと銀のスプーン

衣服棚

衣服棚の上の写真立て

 

レシート

これには請求者メイカイタクシー

お値段 人型の心臓四つ分確かに頂戴しました

お帰りの際 お持ちでない分は自身の心臓を差し出していただきます

その際は必ずお一人は安全にお返ししましょう

サンチェ0/1

 

注:死んだ探索者の心臓を差し出してもよい

その場合、黄金酒を使わずに安全に帰れるが

最後にその人あてにメールが届く

『君はシアワセになれたかい?人の屍の上で、、、でも、すこしずるいからすこしだけ君の心を削らしてもらうね?』と

強制的に1d6のサンチを削られる

こころを抉られた探索者は発狂するかもしれない

『あなたのシアワセエンド』回復なし

 

スープは紫色で紙には

『礼儀正しく』

と書かれている

スプーンを入れると黒ずむので毒だとわかる

薬学なら見ただけで毒だとわかるだろう

適切と思われる技能なら銀のスプーンを入れると毒かわかると

いうことを思い出すかもしれない

 

衣服棚の中身には

目星すると手帳がみつかる手帳には

一口で100

二口で1000

三口で10000

と時間旅行を可能とする飲みものが存在する

しかし、飲みすぎと距離については注意しておかなければならない

その味は天に上る味なので中毒性がある

移動には乗り物を必要とする なので、タクシーに乗る前に飲もう

薬の効き目のスピードはちなみに光に匹敵する

とだけ書かれている

 

写真立て

そこには、見たことのない四人の男女が君たちの寝ていたベッドで寝そべっている

目星かアイデアどうぞ

 

成功すると二枚目があることに気づき

そこには

ひとりは血を吐き

ひとりが頭部が蛇に変わり

ひとりはネズミような姿になり

ひとりは幸せそうに笑っている

そして、シアワセになりました♥と血で書かれた写真を見て

不気味になりサンチェック 1/1d4

出血量から血を吐いた人物は写真を見ただけでも死んでいるのがわかる

 

【厨房】

ここには一般的な

台所がある

パッと見調べられるものとして

 

シンク

台所の棚が見れそうだ

とりあえず、聞き耳どうぞ

 

聞き耳成功でふろ場からの異臭に気づくことができる

何かを腐らせたようなにおいだ

 

鍋の中身は見たことのないシチューが作らている

生物学どうぞ

 

それがこの世の生物で作らてないのがわかる

1/1d5

 

これを飲むと胃を壊してしまう

飲んだものの耐久を1減らし

全技能のセッション中成功率ー20downさせよう

 

台所棚

は空のビンがゴチャゴチャして

いろんなものが入っている

目星をどうぞ

 

成功で青の表紙の天文学の本が手に入る

解読は天文学か知識判定で読める

中身は太陽系について書かれているようだ

 

シンクには洗剤とスポンジが置かれている

 

ここにはカーテンがあります

カーテンは聞き耳すると大きな激しい風が聞こえます

開けるとマジックのようなもので塗りつぶされています

 

洗剤で落とすと

『あら~お外が見たいの?でもだ~め(^^♪ここは考えて回答を探してね♪』

と大きな目玉に遮られてサンチェ 0/1d3

イデアで 外に見られることがこの空間主にとって悪いことが分かる

 

風呂場には

男のミイラ化した死体がある

男は右手に紙を握りしめている サンチェ0/2

 

聞き耳で男から僅かな鼓動を感じる

 

医学か応急、聞き耳の成功で

遺体の心臓の鼓動があることをしることが出来る

 

摘出するには技能がいらないが道具が必要だ

(チェンソーなど)

 

 

 男の日誌には、こう書かれている

 

俺たちはみんなこの変な部屋で自分たちの持ってきた箱の中身の薬を飲んで

狂ったり死んでしまった

 

赤い薬を飲んだ奴はネズミの怪物に

青い薬を飲んだ奴は最初は酒を飲んだように幸福そうにしていたが

飲み進めるのつれて手が止まらなくなった 彼はそして、そのまま幸福そうになくなった、、、

黄色を飲んだ奴は変な言葉をしゃべりだして玄関にこもると消えてしまった

 

俺には残った薬を飲んでしまおうと思う、、、

もう、ここで何もしていないなんて耐えられない

どうか、俺たちと同じ未来を歩まないでほしい

 

 

 

 研究室

 

ここに聞き耳すると

複数の動物の鳴き声が聞こえる

ここには

たくさんの壁に並べれたネズミ

その一部は人体の腕や足がついたものが多く

頭をつけたようなものもいる

血で染められた床と机

その上に置かれた二つの心臓が目立つ

不思議とその心臓が鼓動をうち不気味に動いている

その光景をみた探索者はサンチェック

0/1d5

 

 

ほかには

本棚と木箱がある

 

木箱を開けるとそこにはチェンソーが入っている

 

本棚に図書館か目星が必要である

成功するとちいさなカギが見つかる
それは家のものではない形をしている
 
ここでアイデア
成功すると寝室のロッカーのカギだと思いつく

 

玄関

こにこは異様な雰囲気がある

周りはヘビの模様で覆われ

背丈の低い靴箱の上に祭壇のようなものが置かれて

黄色の銅像のヘビの置物のようなものが置かれてる

 

ほかにはインターホンがある

 

覗き込むとそこには

カラスでもなく、モグラでもない、ハゲタカでなく

アリでもない大きなそれは

見たことのない顔と大きな両羽を携えて立っている

1/1d6

 

注:人間に変身してないビヤーキが立っている

 

しばらく見ていると

『何かご不明な点がございませんか?答えられることをお二つだけ答えてあげることができますよ♪しかし、答えられることだけなのでお気をつけください』

 

ここは地獄ですか?冥界ですか?

『ノーです、、、あなたたちは死んではいません♪』

 

ここは冥王星ですか?宇宙のどこかですか?地球ではありませんか?

『イエスです(^^♪良い点にお気づきで、、、』

 

薬を飲まないといけませんか?

『飲まなくてもいいですが、、、おすすめはしませんよ?ご遺体のみお返しいただきたいのであれば、理解できますが』

 

ここは作ったのは誰ですか?

『意地悪い魔女ですよ、、、雇い主のことをあまり言えませんがひねくれた方なのでこの部屋もとても意地悪い作りになっているのでしょう』

 

ヘビの置物は?

『あれはこの部屋の脱出には関係ありませんよwこれはあまりよくない質問かもしれませんねw』

 

ヘビの置物に技能を使うなら

背後から笑われたような声を聴く

サンチェ0/1

『楽になりたくないかね?』

と誘われます

断ると消えます

答えるとバッドエンド 探索者はヘビの王の従者になってしまいます

 

最後に

寝室の黒電話で 

メイカイタクシーに電話すると

人間に化けたビヤーキが

 

『お迎えにお伺いしますか?お代金の用意はよろしいですか?』

と尋ねられます

 

了解を得るとお迎えに来てくれます

手順を間違えなければトゥルーエンドです

 

サンチ回復 2d6